工事現場のIT化について

肉体労働が全てではない、工事現場におけるIT化の現状と未来への展望を探るサイト。

工事現場のIT化の過去、現在、未来を知る

このページでは、作業員自身および、作業員が使用する工事道具のIT化の現状はどのようになっているのかを紹介していきます。 きっと思った以上にハイテクになっている道具もあるので、「え、この道具はこんなに進化していたの!?」と皆さんも驚かれるかもしれません。

工事用車両などのIT化の状況とは

工事用車両と言えば「黒い排ガス」とか「重い、振動だらけ」というイメージかもしれませんが、車両は今も昔もコンピュータ化が著しいものです。 このページでは、そんな工事用車両のIT化が、中、外含めていったいどれほど進んでいるのかを見ていきましょう。

これからのIT化の未来を考える

最後のページでは、工事用装備、工事道具、工事用車両だけでなく、工事と言う世界のIT化はどのような展望が存在するのかを見ていきたいと思います。 あらゆる分野においてもはや止める事はできないIT化の波、この分野ではどのような発展が望まれ、考えられているのかを見ていきましょう。

作業員の装備のIT化の現状を知る

このサイトでは、工事現場におけるIT化がどのように進んでいるのかという疑問を、個々人の作業道具や装備などのミクロな視点から、事務所、車両、そして工事現場だけでなく業界全体というマクロな視点まで含めて、解説していきたいと思います。
土木作業や工事現場と言うと、昔ながらの肉体労働のイメージが強いかもしれませんが、それぞれが用いる工事道具や、作業車両、そして現場と事務所、親会社などを結ぶネットワークは、着実にIT化の波が押し寄せているのが現状です。
更にこれからは「ビッグデータ」や「AI」の導入もトレンド化し、各工事会社はそれらの導入に日夜取り組んでいるのです。
最初のページでは、工事現場の作業員が用いる装備や、各事務所が使用するパソコン、ソフトウェアにおけるIT化の導入事例について解説していきます。
普段彼らが用いている工事機器や、皆さんと同じように使っているソフトウェアにも、工事現場ならではのものや、驚くほどのIT化への適用が見られるようになっています。
次のページでは、大手建機メーカーにおける、工事現場車両へのIT化導入の事例を紹介していきたいと思います。
GPSを用いた最新の車両運行管理技術などを紹介していきます。
最後のページでは、工事現場におけるIT化は、いったいどのような未来予想図を描いているのか、その展望などを解説していきたいと思います。
日進月歩のIT技術が、どのように工事現場を変えていくのか、それを見ていくことにしましょう。